子どもも大人も楽しめる宇宙小話(うちゅうこばなし)を、ここに書いていこうと思います。不定期に、気のおもむくままに。

もうすぐはやぶさ2が地球に帰ってきますね!小惑星(しょうわくせい)の石を持って帰ってきます。このように、ほかの天体の砂、石や空気、液体などを地球に持って帰ってくることを「サンプルリターン」といいます。

はやぶさ2のほかにも、NASAの「オシリス・レックス」という宇宙探査機(たんさき)も小惑星からのサンプルリターンを行います。NASAとESAは火星からのサンプルリターンを準備していますし、JAXAも火星の衛星(えいせい)フォボスからのサンプル・リターン計画MMXを進めています。

どうして、どの国もサンプルリターンをしたがるのでしょうか?なぜ、サンプルリターンがそんなに大事なのでしょうか?

宇宙探査機は、惑星や小惑星の謎(なぞ)を解く証拠(しょうこ)を見つけるのが目的です。求める証拠はたいてい、石や空気や液体の成分にかくされています。石や空気や液体の成分を調べるには、観測機器(かんそくきき)が必要です。

観測機器(かんそくきき)とはどのようなものでしょう?たとえば「質量分析器(しつりょうぶんせきき)」というものがあります。どのような分子がどのくらい含まれているかを調べるための機械で、大学や会社の研究室によくあるものは、こんなものです。

By Michael Pereckas from Milwaukee, WI, USA – FT-ICR, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=26059372

とても大きいですよね!しかも観測機器は何種類(しゅるい)もあります。こんな大きなものを何台も宇宙に持っていくなんて、とてもできません!

そこで、普通の宇宙探査機は、積んでいく観測機器を厳選(げんせん)し、小型化して積んでいきます。でもそれでは、調べれるものの種類は限られますし、分析性能も大型の観測機器より落ちてしまいます。

しかし!

サンプルリターン・ミッションでは、観測機器を宇宙に持っていく代わりに、サンプル(石や空気や液体)を地球に持って帰ってきます。地球にサンプルを持ち帰れば、地球にある大きな観測機器を何台も使って、いろんな分析を、高精度(こうせいど)でできるのです。

サンプルを持って帰ってくるのは大変ですが、少しでも持って帰って来れば、多くの科学的発見が期待できるのです!

(アイキャッチ画像:JAXA )

 

もっと宇宙のことを知りたい人は:

新刊『宇宙の話をしよう』

絶賛発売中!