イラストレーター利根川初美です。今日は2021/2/13。

あと一週間もしないうちに、とうとうパーサヴィアランスが火星に降り立ちますね!

火星さん。どうぞ我らのパーサヴィアランスを受け入れてください。祈。

 

さて制作秘話を。

パパとミーちゃんとのっそりくまが星空を見ている表紙の絵。

小野パパだったらみーちゃんとどんなふうに星を見るの?

敷物や飲み物をもって出かけるんですか?

小野さん「いや〜手ぶらで草の上にそのまま座っちゃいますね」

・・・以下 利根川 脳内ブレスト…

きっとのっそりくまもいますよね。でも、夢中で星空を見てる感じはないですねえ〜

何かによっかかってぼーっとしてそう。

じゃあ、みーちゃんによっかかろう。

んんん でも一人で関係ない方見てるのはちょっと場に馴染んでない感じもするかな。

こういうことは普通にあるぜんぜん悪くないシーンだと思うけど、

表紙の絵にはもっと強いメッセージを入れたいな。

そうだ!

ぼーっとしてるのっそりくまに「流れ星が挨拶(ウインク)」だ!

宇宙はいつだって私達を見守ってくれていて、思わぬギフトをくれるのだ。

そして、いつも半目ののっそりくまも、このときばかりはびっくりして

目が全開なのだ!

みーちゃんとパパも、最初は3ミリほど離れていましたが

パパのひざがみーちゃんに重なるようにくっつけました。

 

みーちゃん、パパ、のっそりくま、流れ星、お月さま

みんなが目線や指差し、接する ことで、全員がお互いに関連している という構図。

みんながそれぞれのやりかた(ペース?)で星空を楽しんでる絵ができあがりました。

実はパパは耳はミーちゃんの話を聞きながら 目線は火星に行ってますね☆

やっぱり気になるんでしょうね。

(水彩クレヨンで描きました。表紙に使うイラストデータは色を少し薄くしましたが、

この段階では火星が真っ赤に主張してます!)

 

そして表紙のデザイナー「tobufune」の小口さんが、この絵の周りにも宇宙イラストをつなげるように

配置してくださって、ギュッとしたいい表紙になりました☆

 

今回も読んでくださってありがとうございました♡

ではまた!