偉人、研究開発者が歩んだ歴史のトンネルをくぐりぬけ、その先に自身の足元と眼前に広がる未来を筆者と共に見つめているかのような印象を持ちました。